【vol.6】ソウル大学の課題の話。

こんにちは、はなです!

ついに1学期が終わりまして待ちに待った夏休みに突入したわけですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

私はと言いますと、종강(1学期終了)の二日後に夏学期の授業が始まり、それに加えぎっくり腰になり何なら風邪気味(コロナ検査もしたけど陰性だった)なのでまあまあハードモードな夏休みを送っております!!

それでも종강前にとりあえずリフレッシュしようということで、仁川にお出かけしてきたので大学一年生の夏を結構エンジョイしてはいますっ!

仁川の海めちゃくちゃ綺麗だった!!

てなわけで何とか韓国での大学生活1/8を無事に(?)終えたのでこれからはもう少し頻繁にブログも更新していく予定なのですが、今回は最近質問をよくいただく課題についての話をしていこうと思います!

ソウル大って課題多そうとよく言われるが…

そもそも課題の多さは大学に関係ないというか、取っている授業によるのでソウル大の課題の量というか私が経験した課題の量の話にはなってしまうのですが、正直1年1学期の課題はめちゃくちゃ少なかったです(笑)

4月あたりは、「まあまだ開講したばっかだから課題もないし遊ぼうかな〜」って感じだったんですけど、結局そのまま5月が過ぎ6月が過ぎ…気がついたら1学期が終わっていました。

そのおかげもあり、毎日遊んで暮らしたので全然辛いこともなく、ホームシックにもならず何なら18年生きてきて一番暮らしやすい半年でした。

話が逸れましたね。戻ります。

具体的に今学期の課題の話をするために今学期の課題スケジュールをお見せするとこんな感じです。

과제마감とピンク色のラベルがついているのが課題のことなんですけど、明らかに少ないですよね(笑)

週に大体2〜3個しかありませんでした。多分教養の授業しか聞いていないというのと、たまたま課題の少ない授業を引き当てたのかなと思います。

課題ってどんな感じ

ここからは実際に課題がどんな感じなのかを話していこうと思います。

テストについては別の記事でまとめているのでここでは純粋に課題だけに触れます。

まずは대학글쓰기(大学作文)という授業なのですが、これはアカデミックライティングを習うクラスで私は外国人クラスを選択したのでクラスメイトは全員外国人でした。

作文のクラスなら作文の課題がいっぱい出そうなのですが、全然そんなことはなく、基本はみんなでワイワイ討論して終わりって感じでした。

実際にやった課題は葬儀の文化に関するレポート(A4/2枚)、読書感想文(A4/1枚)、期末レポート(A4/5枚)でした。

この授業は多分交換留学生も受講可能なので交換留学でソウル大学に来られる際はぜひ受講してみてください!

これと似た感じで고급한국어(高級韓国語)という授業がありまして、韓国語の授業とか言いつつ中身は完全に大学作文と一緒でした。何ならこっちの方がしっかり教えてくれました。

この授業は後半になって急に課題オンパレードみたいになったのですが、具体的には

論文要約レポート(A4/2枚)、説明文レポート(A4/2枚)、論証文(A4/2枚)、期末レポート(A4/5枚)でした。

二重言語使用という授業は中間前に2回レポート作成、中間後に2回レポート作成だったんですけどこの授業の課題は自分の周辺にいるバイリンガルを観察して、授業で学んだ理論と結びつけてレポートを書くというもので割と楽しかったです。

心理学概論は中間前に一回だけ自分の愛着形成について考察する課題があったんですけど、幼少期の記憶がなさすぎてなかなかに大変でした(笑)

コンピューター基礎の授業は中間、期末で試験の代わりに大きめの課題があって1学期の課題シリーズの中ではかなり苦労しました。

中間課題は生徒がそれぞれプログラミングの原案を作ってそれをランダムで当たった他の人が実際にコードを組むという課題だったんですけど、私は正直簡単に作ればウィンウィンじゃんと思って易しめに問題を作ったんですね。ところが私がもらった原案はなかなかに厄介で、簡単にいうとカフェのオペレーションを組むものだったんですけど、プロミング初心者は聞いたことのないような関数を使えという指定が何個もあり、東工大に通う親友に助けを求めるものの解決できず、、結局原案を出してくれた先輩に連絡してヒントをもらいました(優しい先輩で助かった)。

期末はチーム課題だったのですが、チーム内で私だけ一年生ということもありデータ収集、視覚化、台本の準備までしれっと任せられてしまい、軽くブチギレ状態でカトクを未読スルーしていたら先輩が台本の準備はやってくれました。

それでも発表をしてくれた先輩がめちゃくちゃうまくやってくれたおかげで良い成績はもらえ、授業後にサンドイッチももらえたので良い思い出になりました!!

まとめ

上にまとめた通り、ソウル大学の課題は教養の授業を聞いている間は多くないです!

授業によってはテストの代わりに課題を出す教授もいるのでそういう場合には課題も多くなってくると思います><

来学期からは専攻の授業が始まるので課題地獄が始まるのではないかと震えていますが、とりあえずはこの夏休みを思う存分に楽しんでみようと思います〜!

종강された皆さん1学期間お疲れ様でした〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました